五朋建設

五朋建設

NEWS
ブログ

冬の風物詩by職場の教養(#^.^#)

2019.02.04

冬の風物詩
北海道の冬の風物詩として知られる「さっぽろ雪まつり」は、
今年で七十回日を数えるに至りました。
雪まつりが札幌市と札幌観光協会の主催でスタートしたのは一九五〇年です。
会場となっている大通公園は、もとは冬の時期に雪を捨てる場所でした。
当時は、交通の障害物でしかなかった雪でしたが、
それを街の観光名物へと生まれ変わらせたのは、地元の中学・高校生でした。
生徒たちは、美術教師の指導のもと、試行錯誤を繰り返し、
高さ三~五メートルの雪像を六基製作し、イベントを開催しました。
街の人々からは大変好評で、
第二回目からは札幌市の正式な年間行事として定着していったのです。
海外からも高い評価を得るまでになった雪まつりの原点には、
厄介なものとされていた雪を活かしていこうという願いと努力がありました。
私たちの周囲にある伝統行事にも、きっと誕生秘話や意味があるはずです。
行事に参加をする時には、それらのことにも関心を寄せたいものです。
今日の心がけ◆伝統行事の意味を知りましよう

資料請求 イベント情報 物件情報 お問合せ
電話をかける 9:00~19:00 / 年中無休